MENU

花粉症は免疫力の過剰反応で起こるアレルギー疾患!その発症原因と対策!

「花粉症」に悩む日本国内の患者数の割合は、全国民の約30%(3人に1人程度)とされています。花粉のシーズンが到来する度に花粉アレルギーに苦しみ、市販薬などで症状緩和に努めるも、また翌シーズンになれば再発して、一向に完治しないのが花粉症の症状です。

 

 

 

しかしこれらの花粉症状に悩む多く人が、“免疫力に対する間違った認識”を持っています。花粉症は、免疫力が高くて強すぎることで起こる症状ではなく、『免疫バランスが崩れた免疫力の過剰反応によるアレルギー疾患症状』なのです。その発症原因や発症メカニズム、対策などについてお伝えします。

 

 

花粉症の症状と発症原因

 

 

 

「花粉症」とは、スギやヒノキなどの特定の原因物質に対して、主に鼻や目などの粘膜に症状を呈する「アレルギー疾患」の一つです。鼻水タラタラ、鼻づまり、目のかゆみや充血、くしゃみなどの症状を伴います。

 

 

 

毎年春の花粉のシーズンになると発症し、シーズンが終わる頃には回復しますが、また翌年の花粉シーズンになると再発するというパターンを繰り返すのが一般的です。マスクや市販の鼻炎薬などで防護・対処しますが、一時的な症状緩和だけで完治することはなく、再発を繰り返します。

 

 

花粉症はアレルギー疾患

本来、花粉は健康な人にとっては何でもない無害な物質です。花粉症は、免疫力が高いとか低いとかの問題ではなく、免疫バランスの異常による免疫力の過剰反応の問題なのです。花粉症とは、花粉という特定のアレルギー物質に対して、免疫細胞が過剰反応を起こして発症するアレルギー疾患なのです。

 

 

 

アレルギー疾患の代表的なものには、アトピー性皮膚炎や気管支喘息や花粉症などがあげられます。アレルギー症状が、皮膚で発生するとアトピー性皮膚炎、気管支で発生すると気管支喘息、そして鼻や目で発生すると花粉症となります。

 

 

 

花粉症を発症する直接的な原因は花粉ですが、花粉に対して過剰反応してアレルギー症状を引き起こす根本原因は、「免疫バランスの異常に因る過剰反応」なのです。つまり花粉症とは、体内に侵入した花粉を異物として認識して免疫力が過剰に働き過ぎている状態なのです。

 

 

免疫力の過剰反応とアレルギー症状

「免疫力」とは、体内に侵入した異物を攻撃して排除し、体を正常に保つ機能力のことです。花粉症などのアレルギー症状は、外部から侵入した花粉などの抗原に対して免疫細胞の白血球が働きかけて引き起こす、免疫過剰反応なのです。

 

 

 

通常の異物侵入に対しては、免疫細胞の白血球はその異物を排除できるのに必要な最適量が動員されます。免疫バランスが正常な健康体であれば、花粉などの本来は無害な物質であれば、10程度の白血球の動員で排除できる能力があるとします。

 

 

 

ところが花粉を危険な異物と誤認識して100〜200もの白血球の大量動員を図るなどの、免疫力の過剰反応が花粉などのアレルギー症状として表出してしまうのです。

 

 

花粉症と免疫力の関係

 

日本人の3分の1程度が発症する花粉症をはじめとしたさまざまなアレルギー疾患は、近年において急増し、今でも増加傾向にあります。“花粉症は国民病”とも言われ、アトピー性皮膚炎や気管支喘息を含めた、“アレルギー性疾患は現代病”とされています。

 

 

 

アレルギー性疾患の急増の原因として、『清潔・潔癖な都会型生活パターン』があげられます。子供たちが土にまみれて外で遊ばなくなった衛生的で清潔な都会生活では、外部からの有害な抗原に対抗した経験から獲得できる抗体、すなわち「獲得免疫」の低さが原因とされます。つまり花粉症などのアレルギー疾患は、『獲得免疫の脆弱さによる過剰反応』による症状だと言えます。

 

 

花粉症の発症原因は免疫異常による過剰反応

免疫異常による過剰反応

花粉症に代表されるさまざまなアレルギーによる疾患は、「免疫異常による過剰反応」が原因で引き起こされます。「免疫異常」とは、免疫システムのバランスが崩れて、免疫細胞が必要以上の過剰反応で攻撃したり、自己細胞を外敵だと誤認識して攻撃したりする状態を指します。

 

 

 

「免疫異常」で発症する症状には、体内に侵入したウィルスなどの病原体(抗原)に対して過剰反応する「アレルギー疾患」と、自己の健康な細胞を外敵だと誤認識して攻撃してしまう「自己免疫疾患」の2つがあります。花粉症は、まさに過剰反応という免疫異常によるアレルギー疾患のひとつなのです。

 

 

花粉の過剰反応に対する間違った認識

花粉症を発症してしまう原因が「免疫異常による過剰反応」であることから、『過剰反応=免疫力が高い』と間違った解釈をされる方も多いようです。しかしながら、「免疫の過剰反応」「免疫力が高い」ということとは、全く異なり同じレベルの状態ではありません。

 

 

 

「免疫の過剰反応」とは、免疫バランスが崩れて、不必要なまでの異常な免疫力を発揮している状態で、「免疫力が高い」とは、抗原(外敵)の特性に応じた適量の免疫力を適切なタイミングで発揮している状態なのです。

 

 

花粉症の発症メカニズム

花粉という抗原が体内に侵入すると、免疫細胞の「リンパ球」が無害なのか有害なのかを判断します。無害と判断すれば受け入れ、有害と判断すれば拒否して攻撃します。無害として判断して受け入れれば花粉症は発症しません。

 

 

 

ところが本来は無害であるはずの花粉が環境汚染されていると、有害と判断し受け入れを拒否します。花粉を有害と認識したリンパ球は、攻撃・排除するために「IgE抗体」を大量に生産します。

 

 

ヒスタミンの作用で花粉症の症状が表出

大量生産された体内の「IgE抗体」は、侵入した花粉と結合することで、体外へ排除するように働きます。この時にIgE抗体と花粉との結合反応によって、「ヒスタミン」という化学伝達物質が分泌されます。

 

 

 

「ヒスタミンの花粉排除作用」として、神経刺激や血管拡張や筋肉収縮などの働きがあり、この作用が鼻や目で起きると花粉症となるのです。くしゃみや鼻水や鼻づまりや涙などの身体表出症状です。つまり抗原(外敵)と見做された花粉をくしゃみで排出したり、鼻水や涙で流し出したり、鼻づまりで侵入を防いだりする状態が、花粉症の症状なのです。

 

 

花粉症の予防・改善対策

日本国民の30%以上の人が発症する花粉症は、最新医学での病院での治療であっても、その症状を「根治・完治」させる治療方法はまだ確立されていないのが現状です。花粉症では、免疫バランスが整えば、自然と症状が穏やかになり花粉症状が消えてしまう「自然寛解」があります。

 

 

花粉症を根本的に改善・治癒するためには、セルフでの予防・改善や病院での予防・治療と並行しながら、セルフでの「免疫力を高めながら免疫バランスも整える取り組み」が必須条件となるようです。

 

 

セルフでの一般的な予防・改善対策

セルフでの一般的な予防法としてマスクやメガネの着用で花粉の口・鼻・目からの侵入を避ける方法が広く知られています。また部屋の窓やドアを閉めておく、部屋に入る前に衣類から花粉を払い落すなど、自宅への花粉の侵入を防止する方法などが取られています。

 

 

 

さらに花粉症の症状を緩和させるために、シーズンが到来すると市販の「抗ヒスタミン薬」などの鼻炎薬を使用します。ほとんどの人が一時的に症状緩和を実感できますが、薬の効力が切れた時点でまた症状は悪化するというパターンを繰り返します。さらに翌シーズンもまた再発を繰り返すのが花粉症の特徴とも言えます。

 

 

病院での専門的な予防・治療法

病院での花粉症の治療には、薬物療法、免疫療法、手術療法がありますが、主に「薬物療法」が中心となります。どの治療法でも「一時的に症状を緩和させるだけの対処療法」に過ぎず、翌シーズンになれば再び治療が必要になります。現在では「花粉症を完全に治癒できる治療法」は確立されていません。

 

 

 

薬物療法では、患者それぞれの症状に応じて、「抗アレルギー薬」「抗ヒスタミン薬」「Th2活性阻害薬」などが、早い段階で症状を防ぐ「初期療法」として定着しています。花粉のシーズン直前からシーズンが終わるまで治療することで、花粉の症状緩和に一定の効果を得ることができます。

 

 

根治が期待される「舌下免疫療法」

新しい花粉症の治療法として、2016年10月に健康保険認可が取得された「舌下免疫療法」に根治の期待が寄せられています。免疫システムでの「獲得免疫」の働きを利用した治療法で、スギ花粉の抗原エキスを浸み込ませたパンを舌の下に入れた後で飲み込むことで、花粉に対する免疫力を高める方法です。

 

 

 

1日1回または週1回の治療で、2年間継続することで一定の効果があることは分っていますが、実際には個人差もあるため2年〜5年の通院期間と治療費の覚悟が必要です。

 

 

花粉症の予防と改善には免疫バランスの正常化が必須

花粉症を発症させない予防対策や花粉症を発症した後の改善対策としては、「免疫力を高めると同時に免疫バランスを正常に保つ」ことが必須であることが分かります。

 

 

 

「免疫システム」は、単独ではなく「自律神経システム(内分泌システム)」「エネルギー代謝システム」との3つの密接な連係と正常なバランスによって「自然治癒力」が保たれています。さらに「免疫システム」の中での、さまざまな「免疫細胞の働きのバランス」も重要です。

 

 

 

「免疫システム」や「自律神経システム」や「エネルギー代謝システム」は、毎日の生活習慣の悪化に大きく影響されます。不眠症や冷え症やストレスの蓄積、喫煙や過度の飲酒、栄養バランスの悪い偏った食事や運動不足など、悪しき生活習慣を改善することが、免疫システムの安定化と免疫バランスの正常化に繋がります。

 

 

まとめ

花粉症の症状は、疾患した人でないと分からないような辛い身体症状を伴います。この花粉症に発症しないように予防するため、また花粉症を発症した後で症状を改善するためには、花粉症を発症する免疫力との関係を正しく認識することが大切です。

 

 

 

花粉症の発症原因となる「免疫異常による過剰反応」を改善するには、「免疫力を高めると同時に免疫のバランスを整える」ことがポイントです。

免疫力を高めるサプリランキングへ